メインイメージ画像

子育てはまず自己管理から

我が子がどれだけ愛しくても子育てをやめたくなったことがある人の方が多いでしょう。そんな場合は一回ストレス発散をしてみましょう。ストレス発散と簡単に言っても、金を使うばかりではありません。ご主人がお休みの場合に、お子さんをお願いしてカフェにいくのもよいと考えます。久々の自分のひと時に、リフレッシュできこれまでより子育てをエンジョイできると考えられます。パパさんが忙しくとても預けられる状況ではないというママさんも多いと思います。

そういった場合には、躊躇なく、保育所の一時預かりを使いましょう。託児所は、子育てに一人頑張る皆さんの味方でもあると言えます。ストレス解消をうまくしながら、皆さまも笑顔の子育てを目標にしましょう。

やんちゃな子供でもパパに抱っこされて、本を聞くのがお気に入りです。子育てにおいて、本の読み聞かせは、単純に話を聞く、平仮名を覚える以上の役割を持つのです。本を読み聞かせで、私達はお子さんと同じ空間を味わうことができます。

お子様と一緒に本の世界に入り、多様な経験を擬似体験することになるでしょう。気持ちが一緒に向いているということは、子供に健康をもたらします。子供の質問に考えたり、逆に質問をしたりして考えてみるという癖が習得できます。また、そばで本を読むという状態は普通スキンシップに直結します。スキンシップは愛されている感覚に繋がり、その感情は子供達を大いに成長させるのです。